::<newfrontiers>::

ある偉人が言った。
叶えたい未来に、あなた自身がなりなさいと。

未来は目に見えないけれど、
つながっている今日と明日、そして昨日の自分とのつなぎ目は、夢の記憶の中のカラフルな色が溶け合ってできた蜻蛉玉みたいであって欲しい。

いつか、つなぎ目が解けて蜻蛉玉が空に散っていく時には、、、
溢れる色のプリズムで綺麗な世界ができるかな。

風が遠くから運んでくる潮の香りは心地よくて、青い空と太陽のきらめきが痛いほど美しくて、大地は力強く、そして、とても優しくて。

この世界がいつまでも美しくありますように。
ほんの小さな一部分でも、この美しい世界のかけらでいられますように。

Said a great man,
"Be the change that you wish to see in the world."

The future is invisible.
I want the connection between today, tomorrow and yesterday to be like a knot of glass beads melted and fused together, glass beads made of the colors of the memories of my dreams.

And someday, when the seams are broken and the glass bead balls are scattered in the sky, I wonder if a beautiful world can be created with the overflowing colored prisms?

The scent of the tide that the wind brings from afar is soothing. The blue sky and the glitter of the sun are painfully beautiful. The earth is powerful and very gentle.

May this world be beautiful forever.
May even the smallest part be a fragment of this beautiful world.



開拓史時代を思わせる vintage風のコットンレースのむら染めで作ったロングワンピース、山岳民族の民族衣装に伝わる柄を力強い原色で表現したプリントのセットアップ、柔らかく涼しい肌触りのコットンのミニ裏毛で作ったワンマイルウエアーは着物にインスパイアされたカッティングのスタイルにマルチカラーのトライバルなモチーフをのせて。
アクセントには古代より伝わる染めた糸を織りあげて柄をつくるイカット織りの祈りのパワーをエネルギーに。
変わりゆく世界、風の時代を、大地にしっかりと足を着けて、感謝と愛で力強く切り開いていく女性たちに捧げるコレクション。
A long dress made of vintage-style cotton lace unevenly dyed, reminiscent of a pioneering history.

A print that expresses patterns transmitted by the folk costumes of mountain tribes in powerful primary colors.

A “One-Mile-Wear” piece made of soft, cool cotton mini-fleece. The fabric cut and the stitching of the piece is kimono-inspired with a multi-colored tribal motif.

For the accent, the power of an Ikat woven prayer, woven with dyed threads, creates patterns handed down from ancient times. It adds more energy.

This is a collection dedicated to women who with their firmly set their feet upon the ground, powerfully open up the changing world and fill the winds of change with gratitude and love.






<デザインの背景として>

アメリカの著名な政治家は60年代の彼の演説で、身を危険に晒して開拓した時代は終わりを告げたけれど、あらたなフロンティア=戦争・偏見・貧困・差別などの未開拓の驚異に対して立ち向かうことを訴えました。
今、60年後の世界でさらに成熟した社会においても新たな驚異が尽きることはなく、新型ウィルス、高齢化、気候変動など、果てしない種類の問題と向き合う中での人々の日常があります。
社会の成熟と, 果てることのない新たな驚異の中での日常。
衣服は身を守るためのものであり、力の誇示のため、美しく魅せるため、祈りを捧げるためであり、、、、。
歴史の中で受け継がれてきたファッションの意味に想いをめぐらせました。


In a speech from the 1960’s, a prominent American politician marked the end of an era of endangering and pioneering and confronted war, prejudice, poverty and discrimination.

Now, even in a more mature society 60 years later, new wonders never run dry and still, people are faced with endlessly re-occurring problems such as new viruses, aging and climate change.

Every day, life in a maturing society brings endless new wonders.

Clothes are for protection. For showing off power. For beautiful charm. For prayer.

When I think about fashion I think of the many meanings it has passed down to us through history.

Spring & Summer Collection

Fall & Winter Collection

PICK UP

FOLLOW US